オンライン結婚式を選ぶ理由とオンライン結婚式のメリット・デメリットとは?

[公開日]2020.06.05 [最終更新日]2020.07.03

オンライン結婚式© iStock.com/Goodluz

現在、新型コロナウイルスの影響で、結婚式の延期やキャンセルに悩むカップルも多いでしょう。大勢の人が集まる結婚式が控えられるなか、「オンライン結婚式」が広がりを見せています。

オンライン結婚式とは一体どのような結婚式なのでしょうか。オンラインでの結婚式が注目されはじめた背景や、メリット・デメリット、今後の動向についてみていきましょう。

オンライン結婚式とは?

オンライン結婚式とは、パソコンやスマートフォンでゲストを招待し、WEB上で結婚式を行うものです。結婚式の流れは通常の結婚式と大きく変わりません。ただし、結婚式に参加するのは、数名の式場スタッフと新郎新婦のみ、もしくはその家族だけです。

最近では、新型コロナウイルスの影響もあり、結婚式場探しや見学でもオンライン化が進んでいます。自宅にいながら結婚式の準備を進められ、相談もできるとあって、結婚式を延期し、開催を諦めかけていたカップルの助けになっているようです。

オンライン結婚式が選ばれだした背景

コロナ婚© iStock.com/Zeferli

結婚式以外でも、式場選びから相談まで、オンライン上で行うケースが増えています。オンライン結婚式という考え方が増えた背景についてみていきましょう。

延期の日時を決められない

最近話題となっている新型肺炎の影響で、結婚式を行うことができず、延期を決めたカップルがいます。しかし、なかなか収束の目途が立たず、いつまで延期すればいいかわからないという思いがあるようです。

そんな状況の中、「オンライン」を活用した結婚式の新サービスが登場し、延期の予定を決め兼ねているカップルの心を掴んでいるのかもしれません。

感染リスク回避の観点から

新型肺炎の感染拡大防止のために、オンライン結婚式を検討するカップルもいるようです。特に、高齢者や妊婦さんは感染リスクが高いといわれています。身内や友人に該当する方がいれば、慎重になって当たり前かもしれませんね。

招待しやすい

オンライン結婚式には、ゲストを招待しやすいという魅力もあるようです。

結婚式にゲストを招待する場合、ゲストの都合やアクセスのしやすさなどを考慮して、日程や式場選びに頭を悩ませる方も多いでしょう。

その点、オンライン結婚式なら、ある程度は自分たちの都合で動くことができますし、どんな場所で行っても、ゲストを招待できるというわけです。

オンライン結婚式の参加方法とは?

オンライン参加© iStock.com/Manuel-F-O

オンライン結婚式は、パソコンやスマートフォンを使ってゲストが結婚式に参加します。新郎新婦は挙式や披露宴を通常の結婚式と同じように行い、参加者はビデオ通話アプリを利用してリアルタイムに見ることが可能です。

オンライン結婚式で実際に結婚式場に足を運ぶのは、新郎新婦のみ、もしくは新郎新婦とその家族だけであることが多いようです。

感覚としては、二人だけの結婚式、身内だけの結婚式に近いのかもしれませんね。ゲストは通信環境がある自宅などから、パソコンやスマートフォンを通して結婚式の様子を見守ります。

また、結婚式場の利用だけでなく、飾りつけしたスタジオで結婚式を行うことも可能です。二人だけの結婚式を行い、結婚式の様子を動画投稿サイトで配信して、ゲストだけが好きな時間に視聴することができます。

オンライン結婚式の服装と料理

オンライン結婚式に招待されたら、どんな服装で臨めばいいのか迷ってしまう方もいると思います。

オンライン結婚式で式場を利用する場合、新郎新婦は、通常の結婚式のようにドレスやタキシードなどを着用しています。ですので、オンライン上ではあっても、部屋着やカジュアルすぎる服装は避けたほうがいいですね。

結婚式のお呼ばれ用の服装ではなくても、きちんと見える清潔な服装を心がけましょう。たとえオンラインでも結婚式であることには変わりませんので、最低限のマナーを守って参加するのがベストです。

また、オンライン結婚式で披露宴を行った場合、事前にゲストの手元に料理を配達するサービスもあります。

オンライン結婚式の運営会社の中には、コース料理からお弁当、デザートまで幅広く対応してくれるところがあるようです。

オンライン結婚式は、その名の通りオンラインで完結する結婚式の形ですが、料理を届けることで、参加者全員が同じ時間に同じ料理を楽しむことができるのも魅力ですね。

また、オンライン結婚式でも、通常の結婚式同様、引き出物を準備します。参加してくれたゲストに対するお礼として、結婚式が終わった後に引き出物がゲストに届くよう手配しておきます。

オンライン結婚式の会費やご祝儀は?

オンライン結婚式は新しいサービスのため、会費やご祝儀などに決まりはありません。振込や現金書留で直接新郎新婦にご祝儀を渡す場合や、オンライン結婚式の運営会社を通じて会費を支払う場合など様々です。

なかには、オンライン上で参加する際に、ゲストが金額に応じた参加プランを選び、決められた金額をネット上で決済するケースもあります。

今後サービスが拡大すれば、会費やご祝儀の相場がはっきりとすることでしょう。

オンライン結婚式のメリット

オンラインメリット© iStock.com/Prostock-Studio

オンラインで結婚式を行うメリットには様々なものがあります。一つずつご紹介していきましょう。

気軽に招待できる

オンライン結婚式の最大のメリットは、ゲストを気軽に招待できることです。

国内だけでなく、海外にいる友人や遠くに住んでいる親戚なども招待しやすくなります。結婚式の準備で頭を悩ませがちな、「誰を呼んで誰を呼ばないか」ということを考えなくて済みますね。

費用が抑えられる

通常の結婚式よりも費用を抑えられるのも、オンライン結婚式のメリットでしょう。二人だけで結婚式を行うくらいの費用を基本に考えていいかもしれません。

披露宴を行わなければもっと費用は抑えられますし、結婚式場を利用せず、スタジオを装飾して行うことも可能なので、経済的に結婚式を迷っているカップルにとっては強い味方ですね。

準備がラク

オンライン結婚式は、準備に時間がかかりません。通常の結婚式は、半年以上前から準備を始めるのが一般的ですが、オンライン結婚式の準備期間は、最短二週間から可能です。1~3ヶ月程度あれば、十分な準備ができるでしょう。

天候に左右されない

結婚式当日の天気が気になる方は多いと思います。新郎新婦はもちろん、ゲストにとっても気になるところですよね。できれば晴れていたほうが、気持ちも明るくなり、服が汚れる心配もありません。

ですが、オンライン結婚式なら、天候に左右されず行うことが可能です。室内で画面を通して行うので、たとえ悪天候でも、何も気にすることなく安心して執り行うことができます。

アレンジが可能

基本的に、オンライン結婚式は、通常の結婚式のプログラムで進行されていきます。しかし、オンラインだからといって何も演出ができないわけではありません。

例えば、挙式の聖歌をオンライン演奏にしたり、ゲスト全員で歌やクイズの余興を楽しんだり、することも可能です。

感染リスクが減らせる

オンライン結婚式は、最近流行している新型肺炎の感染リスクを減らすことにも一役買っています。オンライン結婚式はゲストが集まる必要がないので、「密」を避けることが可能です。

不安な状況が続く中でも、安心して結婚式を挙げたいと考えるカップルに寄り添ってくれます。

オンライン結婚式のデメリット

オンラインデメリット© iStock.com/gollykim

オンライン結婚式にはたくさんのメリットがありますが、反対にデメリットもあります。どんな欠点があるのかをみていきましょう。

結婚式らしさはない

オンライン結婚式は、結婚式のイメージからは遠いものかもしれません。結婚式といえば、家族や友人など、多くのゲストに囲まれた華やかな印象がありますよね。

また、結婚式は本来、大切な人に感謝する場でもあります。直接感謝の言葉を伝えられないと、「結婚式をする意味はあるのか」「結婚式らしさに欠ける」という気持ちになってしまうかもしれませんね。

盛り上がりに欠ける

ゲストのいないオンライン結婚式は、盛り上がりに欠けるのでは?と不安になるかもしれません。オンライン上でリアルタイムに繋がっているとはいえ、その場に人がいなければ、寂しさを感じてしまうでしょう。

オンライン結婚式を盛り上げるためには、カジュアルなスタイルにする、ゲームを取り入れるなどの工夫が必要かもしれませんね。

音声や画面の不具合

パソコンやスマートフォンなどの電子機器を使用するので、音声や画面に不具合が出てしまうことがあります。話している途中で音声が途切れたり、通信が切れたりことも想定できますよね。

また、通信環境によっては、若干のタイムラグが生じる場合もあるでしょう。世界中、どこにいても繋がれる反面、そういったリスクがあることも承知の上で開催することをおすすめします。

参加できる環境が限られる

全ての人が、自宅にインターネット通信環境を設けているわけではありません。そのため、オンライン結婚式に招待されても参加できないという人もいるでしょう。

気軽に参加できるという利点もありますが、環境が必要であることも忘れてはいけませんね。

慣れないことに疲れる

実際に見るよりも、パソコンやスマートフォンを見るのは疲れるものです。オンラインで繋がっていると、長時間、画面を見続けなければなりません。

また、披露宴などを行う場合、ゲストは数時間パソコンの前に拘束されることになります。そのため、慣れない姿勢で体がこわばり、疲れが出てしまうでしょう。

開催するなら、ゲストに配慮したプログラムにするといいですね。

オンライン結婚式は今後主流になる?

今後どうなる© iStock.com/Brasil2

オンライン結婚式は、まだ始まったばかりの新しい結婚式の形です。手軽さやリスク回避など、考えられるメリットはたくさんありますが、一方でデメリットになる要素もまだまだあります。

今後、オンライン結婚式を手がける各社が、サービスや技術の拡大を行えば、ますます「オンライン結婚式」が世の中に浸透していくかもしれません。

また、様々な理由から結婚式をしないことを選ぶ人にとっても、オンライン結婚式は新しい選択肢の一つとなる可能性があります。

認知度が上がり、結婚式のスタイルの一つになれば、ポジティブな意味合いでオンライン結婚式を選ぶ人が増え、主流になる時が来るかもしれませんね。

選択肢のひとつとしてオンライン結婚式も視野に入れよう!

オンライン結婚式には、様々なメリット・デメリットがあり、今後ますますサービスの拡大や技術の改良が行われていくことでしょう。

「ふたり婚」や「フォトウエディング」など、結婚式が多様化する中、オンライン結婚式も新しい結婚式のスタイルとして確立されていくかもしれません。

遠く離れた大切な人との繋がりを感じられ、新郎新婦とゲストが安心して結婚式を挙られるのが「オンライン結婚式」です。これから結婚式を検討している方は、オンライン結婚式のスタイルを選択肢に加えてみるといいかもしれませんね。

FEATURE 人気の記事特集

関連するキーワード