結婚してよかったことはある?結婚生活でよかったと感じる瞬間を紹介!

[公開日]2019.12.13 [最終更新日]2020.07.03

仲良し夫婦© chachamal – stock.adobe.com© chachamal – stock.adobe.com

日々の結婚生活の中で、この人と結婚してよかったと思う瞬間は幾度となく訪れます。

共働きが当たり前となった現代では、わざわざ結婚をしなくても十分に生きていくことができますが、そんな世の中でも結婚という選択をするカップルは数多く存在していますよね。それはやはり、結婚することによって得られるものが大きいからではないでしょうか。

では、一体どういう時に結婚してよかったと思うのでしょうか?

結婚してよかったと思うことはある?

あなたは配偶者の方との結婚生活をどう思っていますか?

『ブライダル総研 夫婦関係調査2019』によると、68.4%の夫婦が結婚に満足しているようです。

これは約7割の方々が結婚に対してプラスの感情を抱いているということですが、ではどのような理由で結婚してよかったと思うのでしょうか。

夫婦別:結婚してよかったと思う瞬間

夫から見た「結婚してよかった」と思う瞬間の上位は、以下のようになっています。

  • 家に帰ると配偶者や家族がいるとき……75.9%
  • 一緒にごはんを食べているとき……58.6%
  • 子どもが生まれたとき……58.0%

続いて、妻から見た「結婚してよかった」と思う瞬間をご紹介します。

  • 子どもが生まれたとき……65.7%
  • 休みの日に一緒に過ごしたり、出かけるとき……55.9%
  • 精神的に支えてくれる人がいると思うとき……53.4%

夫婦ともに、「心の安らぎを感じた」「家族が増えた」という瞬間に、結婚してよかったと思う人が多いようです。

もう少し具体的に掘り下げて行きましょう。

データ参照:夫婦関係調査2019(リクルートブライダル総研調べ)

結婚してよかったこと:自分を認めてくれる相手との生活

妻を慰める夫© yamasan – stock.adobe.com

結婚して一緒に暮らす中で、ここを共有できたら嬉しいと思う点がうまく合致すると知ったとき、幸せを感じますよね。好きなことや苦手なことを同じ温度で感じられた時、結婚してよかったと実感するようです。

価値観が合う

好きなものに対する価値観よりも、嫌い・許せないと思うことへの価値観が合うと、より仲良く生活することができるようです。

趣味に理解がある

趣味を一緒にやってくれたり、そっとしておいてくれるのは、この上なくありがたい事ではないでしょうか。自分が好きだと思うことへの愛情を、制限しないで許容してくれる姿に、結婚してよかったとしみじみ感じます。

悩みを共有できる

仕事や人間関係の悩みを打ち明けられる相手はそういません。ですが、配偶者に対してなら、包み隠さず真剣に打ち明けられるという方もいるのではないでしょうか。

たとえ解決策が見つからなくても、「話しを聞いてくれる」ということそのものが心強いです。

結婚してよかったこと:精神面の安心

結婚した相手に愛情があればあるほど、精神面での充足感は増すようです。

帰ったら待っていてくれる人がいる安心感

疲れて帰った先で人が待っていてくれると、心がなんとなく癒されるような気持ちになります。また、女性は一人暮らしの時に比べて、防犯的な意味でも安心感が強いのではないでしょうか。

好きな人とずっと一緒にいられる

たとえ仕事がある日でも、朝起きる時と夜眠る時、一緒の時間を過ごすことができます。休日ともなれば、一日中一緒にいられますよ!同棲をしてなかったカップルや、遠距離恋愛をしていたカップルにとっては特に嬉しいのではないでしょうか。

苦楽をともにする相手がいるという心強さ

病気や仕事のことなど、何か困難が立ちふさがった時、一緒に乗り越えてくれるパートナーがいるということは大変心強いですよね。一人では解決できなさそうだった問題も、二人でならなんとかできそうに思えてきます。

結婚してよかったこと:暮らしの充実

夫婦で洗濯© Konstantin-Yuganov – stock.adobe.com

実務的な面でも、嬉しいことはたくさんあります。その代表格が、「家事」と「家計」と言えるでしょう。

家事を分担できる

一人暮らしの時は全部自分一人でやらなければいけなかった家事も、二人で分担することができます。それぞれ得意分野の家事があれば、あまり苦になることなくこなせそうですね。

経済的な安定感が得られる

主に家賃などが当てはまりますが、生活を共にすることで、使うお金を削減することができます。また、家計管理が得意な相手と結婚できれば、無駄遣いのセーブと計画的な貯蓄を手助けしてくれるかもしれませんよ。

病気をしたとき傍にいてくれる

一人暮らしだと体調を崩しても自分でどうにかするしかありませんが、結婚していればパートナーが看病してくれます。調子の悪い体を労わってもらえた時、結婚してよかったと感じるのでは?

結婚してよかったこと:家族ができた

結婚することで大きく変わることの一つが、家族が増えるということでしょう。

子どもが生まれた

自分と配偶者の遺伝子を引き継いだ自分たちの子どもが生まれた時、この上ない喜びを感じます。結婚してよかったと強く思うイベントの一つではないでしょうか。

義家族と仲良くなれた

配偶者がどんなに素敵な人でも、その家族も素晴らしい性格をしているとは限りません。ですが、運よく人に恵まれることができれば、大事にしたいと思える繋がりがまた一つ増えるということ。今後の付き合いを考えても、いいことしかありません。

結婚してよかったこと:社会的な面

結婚したことによって、世間との関わり方にも変化が起こることも。

結婚の催促をされなくなった

周囲からの「まだ結婚しないの?」という催促は、余計なお世話で不快なものです。それが一切なくなるというのは、気持ちの上でかなり楽になるのではないでしょうか。

一人前として扱われるようになった

結婚したからといって人格が劇的に変わるわけではありませんが、世間的には結婚したら一人前だという認識がまだまだ根強いようです。いつまでも未熟者扱いをされてしまう……という方にとっては特に嬉しい変化ではないでしょうか。

行きたくないイベントを断りやすい

飲み会や休日返上の社内イベントなどを、家族を理由に断ることができるようになります。角が立たない上に、家庭を大切にしているというイメージもつき、まさに一石二鳥です。

結婚してよかった!と思ったエピソード~夫編~

料理する妻© taa22 – stock.adobe.com

日常でじんわりと実感する幸せはもちろんですが、結婚してよかった!と強く感じるような出来事が起こることもありますよね。まずは夫目線から、いくつかご紹介していきます。

仕事で悩んでいた時に……

今の仕事を続けるかどうか悩んでいるけど、家庭のこともあるから辞める踏ん切りが付かないという時、「辞めてもいいんじゃない?」とサラッと言われ、救われたような気持ちになったという声も。

どうにかしてみせるから大丈夫だという自信が、実に頼もしいですね。

心が豊かになった気がする

職場と家の往復だった毎日が、次第に色づいて見えるようになったという方もいるようですよ。道端の花や何気ない景色、四季の移り変わりに、いつの間にか心を馳せるようになった自分に驚くことがあるとのこと。

料理が上手

一人暮らしのころはコンビニや外食で済ませていた食事が、心のこもった手料理になったことに感動を覚えたという意見が多く見られます。作った方も、夫がおいしいと喜んで食べてくれたらとっても嬉しいでしょうね。

結婚してよかった!と思ったエピソード~妻編~

タイヤ交換する夫© marcus_hofmann – stock.adobe.com

次は妻目線でのエピソード。女性はどんなことが起こった時に「結婚してよかった」と思うのでしょうか。

生活面での男手がありがたい

電球やタイヤの交換など、身体の造りの関係で女性にとっては重労働になってしまう作業があります。そんな時、夫が軽々とこなしてくれる姿を見ると「結婚してよかったな……」としみじみ思います。

家事と育児に積極的

夫婦共にやってしかるべきなのですが、世間では未だに「家事は女性の仕事」と思い込んでいる人も残念ながらいます。

そんな中で、積極的に家事をこなしてくれたり、子どもの面倒を当然のように見てくれたりすると、この人を選んでよかったと改めて思うようです。

勧誘に困っていた時に……

世の中には、女性と踏んで強引な契約を結ばせようと目論む輩が存在します。いくら言葉で断っても、なかなか引き下がってくれないという時、夫が毅然とした対応で追い払ってくれたという人も。頼もしさと心強さを感じるエピソードですね。

結婚してよかった!と思える毎日を送るためには

家族3人© kazoka303030 – stock.adobe.com

お互いが結婚してよかったと実感するためには、相手に対する思いやりと感謝を日々忘れないことが重要です。

親しき中にも礼儀ありですので、なあなあだったり、一方的に寄りかかるだけの関係にならないよう心がけながら毎日を過ごしましょう。

FEATURE 人気の会場特集

関連するキーワード