結婚式の待ち時間の暇つぶし!ゲストが暇をつぶせるお菓子やアイディアとは?

[公開日]2020.06.24 [最終更新日]2020.07.03

ゲストの待ち時間© iStock.com/franckreporter

結婚式では、受付から挙式、挙式から披露宴など、思った以上にゲストを待たせてしまう時間があります。待ち時間もできるだけゲストに楽しんでもらいたいと思いますよね。そこで、結婚式の待ち時間でゲストが暇つぶしできるようなアイディアをご紹介します。

結婚式の待ち時間は長い?

結婚式は、挙式と披露宴の間やお色直しの中座など、ゲストが待っている時間が多くあります。実際に結婚式でゲストを待たせてしまう時間の平均は以下の通りです。

  • 受付から挙式開始までの間:約30~1時間
  • 挙式後から披露宴開始までの間:約30分
  • お色直しの中座時間:約15~40分
  • 披露宴終了後から二次会までの間:約1.5~2時間

これらの時間はあくまでも目安なので、会場の場所や選ぶ衣装、当日の状況によって前後します。しかし、単純に合計すると約2時間前後の待ち時間が発生していることになりますね。

2時間前後というと、けっこう持てあましてしまう時間ですので、結婚式の待ち時間に暇つぶしができるような工夫をゲストに用意すると待ち時間も楽しく過ごせます。

結婚式の待ち時間に暇つぶしができると良いかも

結婚式の支度© iStock.com/yehor

結婚式では、新郎新婦の支度に時間がかかるため、ゲストを待たせる時間ができてしまいます。衣装の準備はもちろん、ヘアメイクを直すなど、大勢のゲストの前に登場するまでには、それなりの時間が必要なのです。

準備の時間は不可欠ですが、支度に時間を割いてしまっては、ゲストは退屈し、結婚式に悪い印象を抱いてしまいますよね。

待ち時間は致し方ないですが、ゲストへのおもてなしの気持ちを忘れず、暇をつぶしながら楽しめる工夫をすることが大切です。

結婚式の待ち時間の暇つぶし方法とは?

メッセージ© iStock.com/Andreua

結婚式の待ち時間に、ゲストが退屈しない暇つぶし方法とは何でしょうか。ウェルカムスペースや披露宴中などにおすすめの演出をご紹介します。

ウェルカムドリンク

ゲストのおもてなしに欠かせないのがウェルカムドリンクでしょう。

ウェルカムドリンクは、ウェルカムスペースはもちろん、二次会開始前など、どんな場面にもおすすめできる演出方法です。

夏はよく冷えた飲み物、冬は温かい飲み物など、ゲストに気を配ったドリンクを用意すれば、さらにゲストに喜ばれますよ。

メッセージ

ウェルカムスペースにおすすめの演出方法の一つが、新郎新婦からゲストへのメッセージです。

一人ひとりに向けたメッセージカードや手紙を用意して、感謝を伝えましょう。

待ち時間にメッセージを読んでもらえば、いつの間にか時間過ぎていた、というゲストがいるかもしれませんよ。

寄せ書き

ゲストに新郎新婦へのメッセージを書いてもらう方法もおすすめです。

用意したボードやパズル、ウェディングツリーなどに書いてもらうといいでしょう。何かすることがあれば、ゲストが待ち時間を無駄に過ごすことはなくなりますね。

披露宴につながるクイズ

ゲスト参加型の演出を用意しておくのもいいですね。

例えば、ドレスやタキシードの色、柄当てクイズの投票をしてもらうのはいかかでしょうか。クイズの正解が披露宴でわかれば、ゲストも結婚式に参加しているような気分が味わえます。

フォトブース

ウェルカムスペースや二次会会場にフォトブースを用意してはいかかでしょう。ゲスト自身のカメラで撮影してもらってもいいですし、インスタントカメラを準備しておくのもおすすめです。

また、フォトプロップスやサングラスなど、写真撮影を盛り上げるアイテムを用意すれば、ゲストが自由に楽しめますね。

写真・アルバム

ウェルカムスペースに前撮りの写真を飾ったり、新郎新婦の紹介を兼ねたアルバムなどを置いてもいいかもしれません。

二人の出会いやきかっけなど、披露宴では紹介しきれない内容を詰め込んだものにして、ゲストに二人を知ってもらいましょう。

友人のゲストが多い結婚式なら、写真を見ながら盛り上げってくれること間違いなしですよ。

本・画集・写真集

結婚式のテーマに合わせた画集や写真集、二人の好きな本などを置くのもおすすめです。本や写真集なら、一人で参加したゲストも手に取りやすいですよ。

本を眺めていれば時間が過ぎるのも早く感じるので、待ち時間を意識せずに過ごすことができるでしょう。

ムービー放映

披露宴が始まる前にはオープニングムービーを、中座中にはプロフィールムービーなど、待ち時間を映像を観てもらう時間に充ててみるのはいかがですか。

映像が流れている間は、ゲストの気持ちは「待たされる」ことから離れるので、披露宴中にぴったりの演出です。

結婚式の待ち時間にお菓子を用意してみよう

お菓子© iStock.com/chuck

ゲストが退屈しない暇つぶしアイディアをご紹介してきましたが、上記以外に、お菓子を用意するのもおすすめです。ドリンクはもちろん、待ち時間につまむものがあると喜ばれます。

準備するなら、披露宴の料理に影響しない程度の小さなお菓子がおすすめです。例えば、クッキーやチョコレート、マカロン、カップケーキなど、見た目も可愛らしいお菓子を用意するといいでしょう。

結婚式の待ち時間にお菓子があることで、ゲストの気持ちも小腹も満たされますよ!

待ち時間も結婚式の一部

たとえゲストを待たせることになっても、待ち時間も結婚式の大事な時間です。大切なのは、待ち時間が結婚式の一部だと、ゲストに感じてもらうこと。

そのためには、ゲストへの配慮が重要です。待ち時間が長すぎたり、何の用意もなく待たされるだけでは、ゲストは不満を感じてしまいます。

結婚式には必要な待ち時間であることを認識してもらうためにも、待ち時間が楽しくなるような工夫と結婚式を感じてもらえるおもてなしを考えましょう。

結婚式の待ち時間を工夫してゲストをもてなそう!

楽しそうなゲスト© iStock.com/franckreporter

結婚式にゲストの待ち時間が発生するのは仕方のないことです。大事なのは、ゲストの立場になって、待ち時間の過ごし方を考えること。

新郎新婦からゲストへの気遣いやゲスト参加型の演出で、ゲストを退屈させない工夫をしましょう。

結婚式の待ち時間を上手に使うことができれば、ゲストの楽しみも増え、新郎新婦も気持ちよく結婚式を進行することができますよ。

おもてなしの気持ちを忘れず、結婚式の待ち時間にゲストが楽しめる暇つぶしアイディアを活用してくださいね。

FEATURE 人気の記事特集

関連するキーワード