挙式・会食・1.5次会でゲストの顔ぶれを分ける二部制結婚式

[公開日]2018.07.01 [最終更新日]2018.10.31

挙式・会食・1.5次会©kovop58 – shutterstock.com

結婚式に招待するゲストはすべて二人にとって大切な人。しかし世代・関係性・親密度・つながりなどで、ゲストが求めるパーティの雰囲気は大きく変わります。すべて1回の結婚式にまとめるには難しい悩みを、会食・挙式・1.5次会を効果的に使って二部制のプログラムを組み、きめ細やかに対応できるパターンを紹介します。

挙式・会食・1.5次会でゲストを分ける二部制結婚式のメリット

二部制結婚式はその名の通り結婚式を2回行うことで、招待するゲストの顔ぶれを2つのパーティで変えて、パーティの雰囲気やテーマをガラッと変えることができる結婚式です。さまざまな二部制結婚式がありますが、いま急増しているのが次のよう2つのスタイルです。
 
「少人数での会食(食事会)」と「会費制の1.5次会」
 
両方のパーティでおもてなしの質・テーマ・ゲストにかかる金銭負担を変えて、ゲストへの満足度を高めていくスタイルを紹介します。

二部制結婚式で分けるゲストの顔ぶれとおもてなしメリット

〇会食に招待するゲスト…両親・兄弟などの親族・親戚など
〇おもてなしスタイル…ご祝儀をいただき着席スタイルでのコース料理のおもてなし

ずっと身近にいた大切な人達のみ少人数であつめたお食事会形式で、気兼ねなく食事と会話が楽しめるパーティでおもてなしをします。
両親や親戚などは世代的にガヤガヤした雰囲気より落ち着いた雰囲気を好むでしょうし、年配の親族のために、コース料理の一部を変更するなど、食の好みにきめ細やかな対応ができます。10~30人程度の少人数であれば、特にプログラムで何か特別なイベントがなくても、長い年月での積もる思い出話をゆっくり楽しむ時間をたっぷり持つことができるでしょう。

〇1.5次会に招待するゲスト…友人・会社の同僚・趣味の仲間など
〇おもてなしスタイル…会費制でのラフでアットホームなおもてなし

気の置けない関係性の友人や同僚・趣味の仲間などをできるだけ集め、ゲストに金銭的な負担が少ない会費制パーティにして、カジュアルにラフに楽しむパーティでおもてなしします。会費制では新郎新婦によって金額の高さ(=飲食代)が決められます。招待する友人・知人の顔ぶれに合わせて食事スタイルを決められるのも嬉しいところ。

二部制結婚式を1.5次会にするメリット

カジュアルなパーティでも二次会よりしっかり「結婚式」のスタイルが保ったパーティが計画できるため、挙式やイベントを交えた、バリエーション豊かなパーティにすることができます。

二部制結婚式のスケジュールパターン

挙式・会食・1.5次会©Vladimir Zhoga – shutterstock.com

挙式・会食・1.5次会をどのような順番にするかで、ゲストへの対応と会場の選び方・時間の使い方に大きく変化が出ます。

挙式→会食(少人数での食事会)→1.5次会

挙式・会食までは少人数で済ませ、1.5次会から顔ぶれをガラッと変えるパターンです。会場は別会場で計画することも、同一会場内での計画も可能です。

スケジュール例1
《一部》
神社・またはチャペルで親族のみで挙式→敷地内の個室または提携レストランや料亭で会食→親族帰宅
《二部》
会場を移して友人たちと1.5次会

スケジュール例2
《一部》
ホテルの挙式会場で親族のみで挙式→ホテルの個室またはレストランで会食→親族帰宅
《二部》
同じホテル内の別会場で友人を招待して1.5次会

会食(少人数での食事会)→挙式→1.5次会

先に親族との食事会を済ませた後、挙式から友人達にも参加してもらうことができ、その後1.5次会を友人たちと開く流れです。流れのまま、1.5次会参加に希望の親族は一緒に参加することができますし、挙式で帰ることも選択できます。
会食・挙式・1.5次会を別会場で行うようセッティングするにはあまり向いていません。同一会場で行えるのが望ましいでしょう。

スケジュール例1
《一部》
神社併設の会場個室で会食→親族・一部友人も参列して挙式
《二部》
神社提携のレストランで1.5次会

スケジュール例2
《一部》
ホテルのレストランで親族と食事会→ホテル併設のチャペルで親族・友人が合流して挙式
《二部》
一部親族帰宅・ホテル内の宴会場で友人と一部親族で1.5次会

挙式→会食(少人数での食事会)→挙式→1.5次会

挙式・ゲストを完全に二部制に分けて、行うスタイルです。完全に別会場で行うスタイルに向いています。

スケジュール例1
《一部》
親族のみで神社で神前式→近くの神社提携の料亭で会食→親族帰宅
《二部》
友人達と挙式施設のあるレストランでチャペル挙式→会費制着席スタイルで1.5次会

スケジュール例2
《一部》
親族のみでチャペル挙式→チャペル提携のレストランで会食→親族帰宅。
《二部》
友人達とカフェレストランで宴内人前式→そのまま1.5次会スタイルのパーティへ

会食と1.5次会でゲストを分ける二部制結婚式の注意点

挙式・会食・1.5次会©Chubbychii – shutterstock.com

家族や親族の了解を得られるかどうか

わざわざ顔ぶれを分けてのおもてなしが「普通の結婚式ではない」と親族や年配の方は考える場合もあるため、なぜこのような結婚式のスタイルにしたのかを、丁寧に説明してから了解を得るようにしましょう。

準備面・費用面での計画性

いろいろなスタイルがある二部制結婚式でも、少人数での会食と1.5次会の組み合わせパターンは、比較的費用がかからないように工夫できる二部制スタイルです。
ただやはり二回に分けたパーティを計画するため、おもてなしや装飾にこだわりすぎると自己負担での持ち出しが高くなり、準備スケジュールも過密化します。二部制を考える場合は、早めの準日と段取りが大切です。

会場探しの注意点

同じ会場または提携会場で二部制結婚式を計画する場合

まる一日会場を貸切ることになるため、できるだけ早く会場探しが必要になります。
特に挙式施設となる教会や神社はもともと収容できる人数が少なく、日取りがいい土休日は予約困難が予想されます。
ホテルや専門式場も、ちようどいい規模の個室や宴会場を同日に抑えられるかが重要になります。

別会場での二部制結婚式を計画する場合

別会場で二部制結婚式を計画する場合は、一部と二部の会場の距離ができるだけ離れないように注意しましょう。また、二部のパーティの開始時間を、一部終了から余裕をもって立てておかないと、二部に向けての準備と時間が押してしまうケースも。

体調と体力の管理

結婚式を二部制にして計画すると、新郎新婦はほぼ一日かがりで行動することになります。
準備面で忙しい日々が一カ月ほど続きますので、体調管理を万全にして、当日は体力面でのペース配分に気を付けましょう。

挙式・会食・1.5次会でゲストを分ける二部制結婚式のまとめ

結婚式を行う際、ゲストの顔ぶれを分けて二部制にするスタイルは、集まるゲストの雰囲気に合わせたおもてなしが計画できるメリットがあります。特に少人数での会食と、おもてなしの質を変えられる1.5次会の組み合わせは、どちらもゲストとアットホームなコミュニケーションをとりたい新郎新婦にはおすすめです。
挙式をどこに組み込むかでも、会場の選び方やゲストへのおもてなしが変わってきます。また、費用や準備の面で、見積もりや段取りを組まないと、節約できる部分とかさんでしまう差が出てきます。
2つのパーティを同時に計画することになるため、早めの会場決定と準備を心がけてください。

FEATURE 人気の会場特集

関連するキーワード